マウスのクリックが効かない、ドラッグが途中で外れる場合の改善策

PC

パソコンのマウス操作でクリックが効かない場合があったり、ドラッグ移動が途中で外れてしまう場合は、チャタリングと呼ばれているマウスの故障である可能性が高いです。

チャタリングとは

チャタリングとは、マウスに限らずスイッチなどの機械式スイッチで起こる現象を指します。

経験上ですと冬場に良くなりがちで、最初はたまに起こる程度ですが徐々に悪化していきます。
一度チャタリングを起こしたマウスが自然に回復したケースはこれまで経験していません。

マウスのチャタリングを改善する方法

マウスのチャタリングは、買い替えるより先に改善策を試すのがおすすめです。

個人的には接点復活剤一択となっていますが、保証による修理(交換)もしたことがあります。

チャタリングキャンセラを使う

随分前ですが、チャタリングキャンセラというフリーアプリケーションを試した事もありますが、あまり効果を実感できませんでした。

スイッチを交換する

それなりに値段の張るマウスを利用していてパーツが入手可能なのであれば、スイッチ部分を交換するという方法もあるのかと思います。

多くの商品では分解した事のあるマウスについては保証が効かなくなるものと思われますので注意が必要です。

保証で修理に出す

保証期間内であれば、不具合としてチャタリングしたマウスを保証修理に出せる場合があります。

Logicool(Logitech)製品はチャタリングが起こりやすい印象ですが、普通に保証による修理(実際は新品への交換対応となりました)が可能でした。
また、同社の場合、保証書が無くても対応して頂いた経験があります。

接点復活剤を使う

接点復活剤というスプレータイプの商品が楽天市場でもAmazonでも300円台から販売されています。

これをチャタリングを起こしているマウスボタンのスイッチに吹きかけるとチャタリングが改善される可能性があります。

経験上、ちょっと吹きかければ完全に回復することが多く、少なくともある程度の改善がみられました。

最初はマウスを分解してスイッチ部分に吹きかけていましたが、マウスによっては分解して組み立てる時にめちゃくちゃ苦労しますので、途中からはマウスの隙間から付属しているストローのやつを差し込んで適当に吹きかけているだけですが、問題なく改善しています。

利用している接点復活剤はKURE社のコンタクトスプレーという商品です。
確かKURE5-56の接点復活剤バージョンもあったと思います。

接点復活剤
接点復活剤

よっぽど無くならないので、他の商品を試した事はありませんが、同じような中身なのではないでしょうか。


PC

Posted by Yousuke.U