デスクトップPCとモニターの消費電力は?実測値を調べてみました

デスクトップパソコンと接続しているモニターが実際に消費している消費電力と電気料金について実測値を調べてみました。

また、スリープ中の消費電力についても紹介しています。

検証に利用したPCはHPの「HPE 390jp」になります。
OSはWindows10で、CPUは省エネ的にはおそらく微妙な「インテル® Core™ i7 -980X」、グラフィックボードは「NVIDIA® GeForce® GTX460」が搭載されています。
また、搭載している電源は「最大460W ATX電源」となっています。

モニターは「MITUBISHI RDT231WLM-S(BK)」になります。
23型、画素数1920×1080、公称消費電力は定格51W、スリープ中は0.5Wとなっています。

※一日あたり、月間、年間の値は実測値を元にした想定値です。

※当方のPC環境は10年前のもので、スペックの割に消費電力が高い方だと思います。

デスクトップPCとモニターの起動中の消費電力量

デスクトップパソコンを以下の条件で検証してみたところの1時間あたりの消費電力はPCがおよそ150wh(0.15kwh)、PCモニターがおよそ30wh(0.03kwh)でした。

  • ブラウザ起動
  • 他、適度なアプリケーション起動
  • ゲームはなし
消費電力電気料金(30円 / kw)
PC 起動中 1時間あたり150wh(0.15kwh)4.5円
モニター 起動中 1時間あたり30wh(0.03kwh)0.9円

検証中、冷却ファンは常に時折動く程度でした。

PCは通常120Wあたり、何らかの高負荷があると250Wあたりになっていました。

デスクトップPCとモニターのスリープ中の消費電力量

デスクトップPCのデスクトップPCとモニターがスリープ中の消費電力は、どちらも1時間あたり約1wh程度となりました。

消費電力量電気料金(30円 / kw)
PC スリープ中 1時間あたり1wh(0.001kwh)0.03円
モニター スリープ中 1時間あたり1wh(0.001kwh)0.03円

1W前後は正確に測れていません。
例えばモニターのスリープ中の公称値は0.5Wとなっていますので、おそらく0.5W程度なのでしょう。

デスクトップPCとモニターの月間、年間消費電力量と電気料金

デスクトップPCを1日8時間使った場合、PCとモニターの合算は年間消費電力は約518.40kwhと電気料金は約約15,552円となりました。

以下はPC単体での1日あたり、1ヶ月あたり、1年あたりの消費電力量、電気料金の想定値になります。

PC消費電力量電気料金(30円 / kw)
1日あたり1,200wh(1.20kwh)36円
1ヶ月あたり36,000wh(36.00kwh)1,080円
1年あたり432,000wh(432.00kwh)12,960円

以下はモニター単体での1日あたり、1ヶ月あたり、1年あたりの消費電力量、電気料金の想定値になります。

モニター消費電力量電気料金(30円 / kw)
1日あたり240wh(0.24kwh)7.2円
1ヶ月あたり7,200wh(7.20kwh)216円
1年あたり86,400wh(86.40kwh)2,592円

以下はPC・モニター合算での1日あたり、1ヶ月あたり、1年あたりの消費電力量、電気料金の想定値になります。

PC・モニター合算消費電力量電気料金(30円 / kw)
1日あたり1,440wh(1.44kwh)43.2円
1ヶ月あたり43,200wh(43.20kwh)1,296円
1年あたり518,400wh(518.40kwh)15,552円

例えば、電源のオンオフやスリープを使わずに24時間フルに起動していた場合は以下のような消費電力量と電気料金になることが想定されます。

PC・モニター合算消費電力量電気料金(30円 / kw)
1日あたり4,320wh(4.32kwh)129.6円
1ヶ月あたり129,600wh(129.60kwh)3,798円
1年あたり1,555,200wh(1,555.20kwh)46,566円

これにゲームなどの重いアプリケーションを24時間フル起動した場合は、電気料金は更に高くなると考えられます。

消費電力,節電

Posted by Yousuke.U