Visual Studio Code | メニューを日本語化する手順

2021-05-31Visual Studio Code 設定,Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VScode)のメニューを日本語化する手順を紹介しています。

Visual Studio Codeのメニューを日本語化する

Visual Studio Codeはインストール時のメニューの表示言語はデフォルトで英語(en)に設定されています。

言語設定を変更するには、各言語の言語パックをVisual Studio Codeにインストールする必要があります。

※この項目では括弧内に日本語化した後のメニュー名を書いています

言語設定は「View(表示)」メニューから「Command Palette(コマンドパレット)」を選択します。

Visual Studio Codeを日本語化する手順1

コマンド一覧が表示されますので「Configure Display Language(言語モードを構成する)」を選択します。

数が多いですので「display」や「lang」などで検索して見つかります。

Visual Studio Codeを日本語化する手順2

言語モードを切り替える手順ですが、最初はデフォルトの英語(en)しか表示されませんので「Install additional languages」を選択して追加する言語パックを検索します。

Visual Studio Codeを日本語化する手順3

サイドメニューに、追加可能な言語パックの一覧が表示されますので「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」をインストールします。

青い「Install」をクリックすると言語パックのインストールが開始します。

Visual Studio Codeを日本語化する手順4

インストール完了後、右下にポップアップで「再起動してインストールした言語に切り替えますか?」的な案内が表示されますので「Change language and Restart」をクリックしてVisual Studio Codeを再起動します。

Visual Studio Codeを日本語化する手順5

再度、言語設定を変更したい場合はもう一度、「View(表示)」メニューから「Command Palette(コマンドパレット)」「Configure Display Language(言語モードを構成する)」に移動して、変更したい言語を選択します。