Visual Studio Code | 折返し表示の設定とショートカットキー

Visual Studio Code 設定,Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VScode)でコードの折返し表示の設定と折返し表示を切り替えるショートカットキーを紹介しています。

VScode、折返しなし
VScode、折返しあり
VScode、折返しあり

折返し表示を切り替えるショートカットキー

VScodeではエディタ上で「Alt + Z」キーを押すことで、コードの折返し設定を切り替える事が可能です。

このショートカットキーでは表示しているファイルに対してのみ折返しを切り替えられ、他のファイルにあるコードには影響しません。

状況に応じて折返しが不要な場合、または必要な場合などに手早く切り替えられて便利なショートカットキーです。

コードの折返し表示の設定

コードの折返し表示について、いくつかの設定項目があります。

設定から「Wrap」と検索すると折返し関連の設定項目がヒットします。

Diff Editor: Word Wrap行の折り返し方法を制御しますoff:折り返さない
on:ビューポートの幅で折り返す
inherit:「Editor: Word Wrap」の設定に従う
Editor: Word Wrap行の折り返し方法を制御しますoff:折り返さない
on:ビューポートの幅で折り返す
Word Wrap Column:「Editor: Word Wrap Column」の値で折り返す
bounded:最小値として「Editor: Word Wrap Column」の値で折り返す
Editor: Word Wrap ColumnWord Wrap が word Wrap Column または bounded の場合に、エディターの折り返し桁を制御します数値(桁数)
デフォルト値:80
Editor: Wrapping Indent折り返し行のインデントを制御しますnone:インデントしない
some:親と同じインデント
indent:親+1のインデント
deepindent:親+2のインデント
Editor: Wrapping Strategy折り返しポイントを計算するアルゴリズムを制御しますsimple:全ての文字の幅が同じであると仮定する(高速)
Advanced:全てのケースで正しく動作する(低速)
Workbench › Editor: Wrap Tabsスクロールバーを使用する代わりに、エディタータブをワークベンチで折り返しますon:エディタータブをワークベンチで折り返す
off(デフォルト値)
Debug › Console: Word Wrapデバックコンソールの行の折り返し方法を制御しますoff:折り返さない
on:ビューポートの幅で折り返す

折り返しの設定

「Word Wrap」「on」に設定しておけば、エディターでのコードは折り返して表示されるようになります。

折り返す桁の制御やインデント設定、アルゴリズムやデバックコンソールの折返し設定は、好みで指定します。