googleアドセンス 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。が消えない・消し方

2019-07-29googleアドセンス

googleアドセンスの管理画面にて、ads.txtの設置を促す通知が出るようになりました。

収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ads.txtとは

ads.txtプロジェクトの項目を確認してみます。

ads.txtプロジェクトの使命は簡単です。プログラムによる広告エコシステムの透明性を高めます。 ads.txtはAuthorized Digital Sellersの略で、出版社や配給会社がデジタル在庫の販売を承認する会社を公に宣言するために使用できる、シンプルで柔軟で安全な方法です。

公認デジタル販売業者の公的記録を作成することによって、ads.txtは在庫サプライチェーンにおける透明性を高め、出版社が市場での在庫を管理できるようにし、悪意のある行為者がエコシステム全体で偽造在庫を販売することから利益を得ることを難しくします。 出版社がads.txtを採用するにつれて、購入者は参加している出版社の認定デジタル販売者をより簡単に識別できるようになり、ブランドが自社出版社の広告枠を購入しているという自信を持つことができます。

googleアドセンスのヘルプページには以下の様に説明されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt で認定販売者を宣言する – AdSense ヘルプ

いずれも説明も理解が難しいですね、以下の記事がわかりやすく説明されていますのでおすすめです。

話題の「ads.txt」っていったい何? 広告主なら必ず知っておきたい広告不正の手口と基礎知識 | Web担当者Forum

ads.txtのダウンロード

現在は通知から「今すぐ修正」をクリックするか「サイト」ー「サマリー」にてダウンロードリンクがあります。

ads-txt-download

ads.txtのファイルはアカウント共通でサイト毎には作成されません。

ファイルの中身は一行のテキストファイルになっています。

google.com, pub-アカウントID, DIRECT, キー

ads.txtのアップロードする場所と確認

作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。

ads.txt で認定販売者を宣言する – AdSense ヘルプ

ads.txtはサイトのルートドメイン以下に設置します。

サブドメインの場合はサブドメインディレクトリ以下に設置します。(リダイレクトがある場合は環境にあわせる)

また、HTTPとHTTPSの両方でアクセス可能か確認します。

ads.txtの設置をGoogleアドセンスの管理画面から動的に確認する方法は現在はないようです。

Googlebotにて確認されれば管理画面も反映され、これには反映されるまで数日かかる場合があるようです。

複数のサイトを利用している場合は、確認・反映されたサイトから順番にリストから外れていきます。

ads.txtのメッセージが消えない・消し方

ads.txtの警告メッセージは、利用しているサイトにads.txtが正常に設置されるまで消えないです。

表示を消すには、全てのサイトにads.txtを設置する必要がありますが、すでに利用していないサイト、中でもドメイン・サーバーをすでに使っていない場合はアドセンスに登録しているサイトの情報を消すしかありません。

サイトの情報は利用を止めてからスグには削除できないので、しばらく待つ必要があります。

2019-07-29googleアドセンス

Posted by Yousuke.U