Windows Terminal | 最新のPowerShellをインストール

2020-06-23Windows Terminal,Windows10

最新のPowerShellをインストール

Windows Terminal起動時に最新のPowerShellがアップデートされていると「新しいクロスプラットフォームの PowerShellをお試しください」と表示されました。

2020年6月現在、PowerShellの最新バージョンは7.0.1(preview版は7.1.0)
「PowerShell-7.0.1-win-x64.msi」を使ってインストールしました。

PowerShellのインストーラーをダウンロード

以下のGitHubページにてPowerShellのインストーラーがダウンロードできます。

GitHub – PowerShell/PowerShell: PowerShell for every system!

PowerShellのインストーラーをダウンロード

PowerShellのインストール

インストールした最新インストーラーから、PowerShellをインストールします。

PowerShellのインストール2
PowerShellのインストール3
PowerShellのインストール4
PowerShellのインストール5

インストールが完了したら「Finish」で完了。

と思ったら、Windows Terminal上の「Windows PowerShell」では、まだ「新しいクロスプラットフォームの PowerShellをお試しください」と表示されるので「$PSVersionTable」コマンドでPowerShellのバージョンを確認してみます。

PowerShellのバージョン確認、5.1.1のまま
PowerShellのバージョン確認、5.1.1のまま

なるほど「https://aka.ms/pscore6」とあるように「Windows PowerShell」には「PowerShell Core 6」をインストールする必要があるのですね。

Windows Terminalでは、「Windows PowerShell」と「PowerShell」とあるのでデフォルトの新規タブでは「PowerShell」を開くように設定して「Windows PowerShell」のバージョンは今のままにしておくことにしました。

2020-06-23Windows Terminal,Windows10

Posted by Yousuke.U