Windows10 | アプリをアーカイブする新機能「Archive apps」とは

Windows10 新機能,Windows10

アプリをアーカイブする新機能「Archive apps」とは

Windows10のInsiderプログラムにて「Archive apps」という新機能がテスト中とのことです。

Windows 21H1あたりで正式にリリースされると機能だと思われます。

Archive apps(アプリをアーカイブする)とは

「Archive apps」というこの機能は、一定期間未使用のアプリを自動的にアーカイブすることで、PCのストレージ容量を開放しておいて、そのアプリを起動させた際にインターネットからアプリを復元して使えるようにする仕組みとのこと。

Windows10は現在、プリインストールアプリの多くでアンインストールが可能になってきていますが、アーカイブされたアプリのドキュメントファイルやデータは保持することで、アンインストールとはまた違った恩恵があります。

Archive appsの使い方は?

Insiderプログラムのキャプチャ画像を見る限り、「Windows設定」「アプリ」「アプリと機能」にある設定メニューのようです。

オプション設定は機能のオンとオフのみで構成されているようですので、対象アプリの指定や、アーカイブ化されるアプリの未使用期間の設定などはいまのところなさそうです。

アーカイブ対象となるアプリケーションは?

対象となるアプリケーションは、Microsoft Storeで再インストール可能なWindowsアプリに限られると考えられます。

まったく使わないのであればアンインストールを選択すると思いますが、普段使っていないアプリにドライブ容量を圧迫されることがなくなることを考えると、魅力的な機能ですね。

参考:
Windows 10 will soon let you archive apps to save storage space on your PC