Windows10 | PCの電源ボタンの動作を変更する方法

Windows10,Windows10 操作・設定

電源ボタンの動作を変更する方法

一般的なWindows10パソコンの電源ボタンは、デスクトップパソコンとノートパソコンで押したときの動作が違います。

電源ボタンのデフォルトアクション

電源ボタンを押したとき、Windows10のデスクトップパソコンは「シャットダウン」で、ノートパソコンは「スリープ」になります。

ノートパソコンにてカバーを閉じた時の動作はデフォルトで「スリープ」になっているかと思います。

(たぶん)

また、電源ボタンを長押しした場合は、デスクトップパソコン、ノートパソコンともに「シャットダウン」となっていて、この電源アクションは変更することができません。

電源ボタンのアクションを変更する方法

Windows10 2004時点では「コントロールパネル」「電源オプション」にて電源ボタンを押した時の動作を変更可能となっています。

Windows設定からは「設定」「システム」「電源とスリープ」から「電源の追加設定」をクリックすることでコントロールパネルの「電源オプション」を開くことができます。

電源の追加設定

また、Windows検索にて「電源オプション」と検索すれば項目にリストアップされます。

「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

電源ボタンの動作を選択する

「電源ボタンの動作を選択する」という項目で、電源ボタンの動作設定を変更します。

電源ボタンの動作設定は以下の動作から選択可能となっています。

  • 何もしない
  • スリープ状態
  • 休止状態
  • シャットダウン
  • ディスプレイの電源を切る