Windows10 | システムアイコンの表示・非表示を切り替える方法

Windows10 タスクバー,Windows10

Windows10のタスクバーでコルタナや時計、Windows Ink ワークスペースやアクションセンターなどシステムアイコンの表示を切り替える方法を紹介しています。

タスクバーの右クリックメニューから切り替える

切り替えが可能なシステムアイコンは一部ですが、タスクバーの右クリックメニューから表示・非表示を切り替えることは可能です。

タスクバーの右クリックメニュー

右クリックメニューから表示を切り替えられるシステムアイコンは以下の通りです。
※Windows10 バージョン20H2、現在

  • コルタナ(Cortana)
  • タスクビューボタン
  • People
  • Windows Ink ワークスペースボタン
  • タッチキーボード

Windows設定からシステムアイコン表示を切り替える

タスクバーの右クリックメニューから切り替えができないシステムアイコンも含めて、Windows設定から一括でシステムアイコンの表示・非表示を切り替える事が可能となっています。

「設定」「個人用設定」「タスクバー」にアクセスします。

「通知領域」の項目にある「システムアイコンのオンオフ切り替え」を選択します。

システムアイコンのオンオフ切り替え

システムアイコンの一覧が表示され、表示・非表示を切り替える事が可能です。

表示・非表示を切り替える事が可能なシステムアイコンの一覧です。

  • 時計
  • 音量
  • ネットワーク
  • 電源
  • 入力インジケーター(「A」とか「あ」とか)
  • 位置情報
  • アクションセンター
  • タッチキーボード
  • Windows Ink ワークスペース
  • タッチパッド
  • マイク(非接続時は非表示)
  • 今すぐ会議を開始する(web版のSkype)

コルタナ(Cortana)、People、タスクビューボタンはこちらからは設定できないようです。

Peopleはタスクバーの設定トップから変更可能となっています。