Windows10 | 仮想デスクトップ操作で使えるショートカットキーまとめ

Windows10,Windows10 操作・設定

仮想デスクトップ操作で使えるショートカットキーまとめ

Windows10の便利機能、仮想デスクトップの操作で使えるショートカットキーまとめです。

Windows10の仮想デスクトップ機能概要

仮想デスクトップを使う上での機能・メリットを紹介します。

  • 複数のデスクトップを作成してそれぞれアプリを起動できる
  • それぞれのデスクトップはアクティブな状態
  • 音声なども別デスクトップ表示中も再生される
  • Windowsの再起動時も状態が維持される
  • デスクトップ間でアプリケーションの移動が可能

Windows10の仮想デスクトップは普段から、多くのアプリケーションやブラウザタブを開いているユーザーには大変便利な機能です。

個人的には、非表示中の仮想デスクトップ上でも各アプリケーションでアクティブ状態を維持できているのが助かっています。

仮想デスクトップの操作で使えるショートカットキーまとめ

仮想デスクトップの操作で使えるショートカットキーまとめです。

Windowsキー + Ctrl + D新規仮想デスクトップ作成
新規に仮想デスクトップを作成して移動します
Windowsキー + Ctrl + 矢印キー作成済み(仮想)デスクトップの移動
Windowsキー + Ctrl + F4現在の仮想デスクトップを削除
削除後はひとつ手前の(仮想)デスクトップに移動
Windowsキー + Tab(仮想)デスクトップの一覧を表示

新規デスクトップ作成(Windowsキー + Ctrl + D)

Windows上でショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + D」にて新規デスクトップを作成、移動します。

不意に押してしまって全て閉じてしまったのかと焦ったこともあるショートカットキーかもしれません。

基本的にWindowsアプリやその他のアプリを開いていない状態で作成されますが、スタートアプリに登録してあるような時計などのデスクトップアプリやクリップボード拡張アプリなどのウィンドウを持たない常駐系アプリの一部は引き継ぐことを確認しています。

デスクトップの移動(Windowsキー + Ctrl + 矢印キー)

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + 矢印キー」にてデフォルトのデスクトップ、仮想デスクトップを移動することが可能です。

ショートカットキー以外で、デスクトップの移動をするにはタスクバーのタイムラインアイコンをクリック、または「Windowsキー + Tab」でサムネイル一覧(およびタイムライン)を表示して目的のデスクトップをクリックする必要があるので、ショートカットキーとして方向キーが必要なので少し面倒ではありますが慣れればかなり効率が良くなります。

現在の仮想デスクトップを削除(Windowsキー + Ctrl + F4)

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + F4」で現在表示中の仮想デスクトップを削除することができます。

削除後は作成順にひとつ手前の仮想デスクトップに移動します。

仮想デスクトップの削除はタスクバーのタイムラインアイコンをクリック、または「Windowsキー + Tab」で開く画面からも操作可能です。

デスクトップ一覧&タイムライン表示(Windowsキー + Tab)

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + F4」にてデスクトップ一覧&タイムライン画面を表示できます。

デスクトップ一覧&タイムライン表示

この画面からは、各仮想デスクトップのリアルタイムサムネイルを確認でき、仮想デスクトップの新規作成や削除、アクセスが可能となっています。