WordPress | 私はロボットではありません、の導入方法

WordPress カスタマイズ,WordPress

このWordPress製のサイトにコメントスパム対策として「私はロボットではありません」を導入しました。

この記事ではGoogle reCAPTCHAのAPIを使ったWordPressプラグイン「Advanced noCaptcha & invisible Captcha」の設定方法などを紹介しています。

導入までの経緯

コメントスパム対策では「Akismet Spam Protection」という有名なプラグインがありますが、正直私は好きではなくこのサイトでは使ってきませんでした。

長い間、投稿アクション時にPHPで英字のみを弾いたり、URLの数で弾いたり、独自になんとかやってきましたが、突破してくるスパムコメントも増え、いよいよプラグインで対応しようかと決断。

よく見るアレ「私はロボットではありません」を使ってみたいと考えもありましたので調べて、導入する事にしました。

Google reCAPTCHAの登録

Google reCAPTCHAを使ったプラグインを利用するにあたり、Google reCAPTCHAでサイトを登録する必要があります。

簡単に言えば良くあるAPIキーとシークレットキーを入手するという流れです。

APIと聞くとややこしいイメージがありますが、Googleのアカウントがあれば簡単に登録してキーを入手できます。
また、今回はプラグインで実装するので自分で実装コードを書く必要がなく設定も簡単でしたのでオススメできます。

Google reCAPTCHAへの登録は以下のURLから可能となっています。

https://www.google.com/recaptcha/admin/create

登録ページは以下のようになっていて、必要な情報を入力する項目は少ないです。

Google reCAPTCHAにサイトを追加する
項目内容
ラベル任意の名前
reCAPTCHAタイプ「私はロボットではありません」ならv2
ドメイン導入するサイトのドメイン
オーナーGoogleアカウントに登録しているEmail、自動入力
同意チェック利用条件に同意する

入力が完了したら「送信」をクリックします。

スグに作成したラベルのページに移動しますので、サイトキーとシークレットキーをコピーして入手しておきます。

Advanced noCaptcha & invisible Captchaのs設定

Google reCAPTCHAを利用したプラグインは複数ありますが、私はユーザー数と評価、更新頻度から「Advanced noCaptcha & invisible Captcha」を選びました。

「Advanced noCaptcha & invisible Captcha」をWordPressで検索してインストールします。

作成したラベルで設定したバージョンを選択して、サイトキーとシークレットキーを入力します。
Google reCAPTCHAの機能を必要とするコンテンツを選択していきます。

Advanced noCaptcha & invisible Captchaの設定

とりあえず、これだけ入力したらあとはデフォルトのままでも問題ないので「更新」して確認します。

コメントフォームに「私はロボットではありません」が追加された事を確認しました。

コメントフォームに、私はロボットではありませんが追加されました

少し送信ボタンに寄りすぎですが、とりあえずは良いでしょう。

「サイト所有者の確認が必要なエラー: キータイプが無効です」と表示される場合

「サイト所有者の確認が必要なエラー: キータイプが無効です」と表示される場合は、ラベル作成時に選択した「reCAPTCHAタイプ」とプラグインで指定する「reCAPTCHAタイプ」が一致していないと思います。

確認してタイプを合わせて下さい。