ソーラーパネルの発電で動したい家電と必要な発電量

出来るだけソーラーの発電電力で動したい家電と必要な電力量を計算してみました。

夜の電気料金が安い電気料金プランにしていますので、24時間動かすのではなく、電気料金の安くない朝7時から夜9時までの14時間をソーラーパネルの発電量で動くように、と考えています。

電気料金の安い夜の時間(夜9時から朝7時まで)は、バッテリー出力は使わず100%電気会社の電力で動かします。

また、現状は様子を見つつソーラーパネルを増設しており、不足分は電気料金が安い夜の時間にバッテリーに充電しています。

ソーラー発電で動したい家電と必要な電力量

動かしたい家電は基本的に24時間フル稼働している冷蔵庫やWi-Fi機器、エアーポンプなどを中心にしています。

家電製品消費電力/1h必要な電力量(14時間)
Wi-Fi機器10w140w(0.14kw)
デスクトップPC(4割稼働)60w840w(0.84kw)
PCモニター(4割稼働)10w140w(0.14kw)
冷蔵庫A80w1,120w(1.12kw)
冷蔵庫B60w840w(0.84kw)
冷凍庫50w700w(0.70kw)
エアーポンプ30w420w(0.42kw)
合計310w4,340w(4.34kw)

目的の家電を14時間駆動させて4.34kwとなりました。

24v 200Ahのバッテリーシステムですので容量からして、なかなかに厳しい。

いや、ソーラーで発電&充電しながらならですのでバッテリーの容量は足りるのかな。

ソーラーパネルで4.34kw発電するには、平均的な発電量があったとしても2,000w(2kw)のパネルは必要になりそうです。

ソーラーパネルの増設は最大1,600w(1.6w)までで止める予定ですので、こちらの方が難しいですね。

デスクトップPCをノートPCにすれば

10年選手になるデスクトップパソコンを次に買いかえるのは、勝手の良さからもノートパソコンにと考えています。

ノートパソコンなら消費電力もデスクトップがモニターと合わせて170w/hくらいなのを30w~/hへと大幅に削減できます。

家電製品消費電力/1h必要な電力量(14時間)
Wi-Fi機器10w140w(0.14kw)
ノートPC(4割稼働)30w420w(0.42kw)
冷蔵庫A80w1,120w(1.12kw)
冷蔵庫B60w840w(0.84kw)
冷凍庫50w700w(0.70kw)
エアーポンプ30w420w(0.42kw)
合計260w3,640w(3.64kw)

これでも、晴天じゃないとソーラーパネルでの発電だけでは賄えないのではないでしょうか。

冷蔵庫2つと冷凍庫というのをどうにかすれば、と思いますが現状は稼働させざる得ないという状況です。

夜の電気料金が安い電気料金プランの電気料金は3段階で(一番高い朝10から夕方5時までの時間帯に動かす家電を減らすのはナンセンスな状況、出来れば増やしたいところですので、ここは少し妥協して稼働させたい時間を朝8時から夜8時の12時間、あるいは朝9時からに夜7時までの10時間などに短縮する方向で考えていこうかなと思います。