SRNE ハイブリッドインバーター バイパス出力(AC電源)時のロスについて

SRNE ハイブリッドインバーター「HF2430U60-100」を利用しています。

以前動作テスト時に気になっていたバイパス出力(AC電源、商用電源)時にロスは発生するのかどうかについて改めて確認しました。

関連:SRNE ハイブリッドインバーター 動作テストと気になる点 | ONE NOTES

このハイブリッドインバーターの購入を検討する場合、メーカーページより直接問い合わせてオフィシャルで購入するのが良いと思います。
関連:SRNE ハイブリッドインバーター 購入までの流れを紹介します(Alibaba) | ONE NOTES

バイパス出力(AC電源)時のロスについて

動作テスト時は、扇風機1台でテスト、AC電源のバイパス出力時に直接コンセントから動かした場合と比較して1wないし2w程度の誤差が発生していました。

この事からハイブリッドインバーターを経由した場合、ロスが生じる可能性に考え、そのロスが消費電力量に応じて比例的に増加していくのであれば、AC電源のバイパス出力は避けて手動でも自動でも直接AC電源に切り替える必要があるのではないかと。

今回は消費電力量を調節できるトースターを利用しました。
消費電力量の確認はエコチェッカーです。

(ハイブリッドインバーター非経由)
「コンセント」→「エコチェッカー」→「扇風機」

バイパス出力(ハイブリッドインバーター経由)
「コンセント」→「エコチェッカー」→「ハイブリッドインバーター」→「扇風機」

出力直接AC出力
消費電力量
バイパス出力
消費電力量
扇風機(弱)11w13w
扇風機(中)21w22w
扇風機(強)26w28w
トースター 250w228w228w
トースター250w + 扇風機(強)261w261w
トースター 500w480w481w

結果、およそ1~2w程度の誤差は発生する可能性があるものの、全く同じ消費電力量となる場合もあり、現在のところ誤差レベルという判断をします。

せっかくインバーターに搭載されている主電源切り替え機能が効率悪くなるのでは困ったなと思っていましたので、一安心といったところです。

SRNE ハイブリッドインバーターそのものの消費電力は、バッテリーの残量さえあればAC電源ではなくバッテリーから供給されています。
何も負荷がない場合、インバーターへのAC出力は0wとなります。