【WordPress】Gutenbergで使えるキーボードショートカット一覧

2019年4月11日WordPress

一般的なテキスト編集で使うキーボードショートカットと、便利なGutenberg独自のキーボードショートカット一覧まとめ

エディタ操作

Ctrl+S下書き・変更の保存
Ctrl+Z変更の取り消し(undo)
Ctrl+Shift+Z変更の取り消しをやり直す(Ctrl+Shift+Z)
Ctrl+Shift+,エディタのサイドメニュー表示切り替え
Shift+Alt+Oブロックナビゲーション表示
Ctrl+Shift+Alt+MHTMLエディタ切り替え

ブロック操作

Shift+左クリックブロックの複数選択
Ctrl+Shift+D選択中のブロックを複製
Shift+Alt+Z選択中のブロックを削除
Ctrl+Alt+T上に新しいブロックを挿入
Ctrl+Alt+Y下に新しいブロックを挿入
/スラッシュ入力でブロックタイプ選択(※)

入力操作

Ctrl+A全て選択
Ctrl+Cコピー
Ctrl+Vペースト
Ctrl+Shift+Vペースト(書式なし)
Ctrl+Z変更の取り消し(undo)
Ctrl+Shift+Z変更の取り消しをやり直す(Ctrl+Shift+Z)
Ctrl+B選択中のテキストを太字にする、または解除
Ctrl+I選択中のテキストを斜体にする、または解除
Ctrl+U選択中のテキストに下線を付ける、または解除
Shift+Alt+D選択中のテキストに取り消し線をつける、または解除
Shift+Alt+X選択中のテキストを等倍フォントにする、または解除
Ctrl+K選択中のテキストからリンクを作成
Ctrl+Shift+Kリンクを解除

※「/」について

空の段落ブロックにスラッシュ入力する事でブロックタイプリストが表示されます

スラッシュの使い方

そのままブロック名や関連してそうなワードを入力して絞り込む事が可能です

ブロックタイプの絞り込み

関連するブロックに絞り込めます
スラッシュが英字入力な上に、日本語入力だと決定までしないと反映されないので、ちょっと手間です

良く使うブロックタイプはどのアルファベット一文字で出てくるか覚えておくと便利かもしれません

/hカスタムHTML
/i画像
/fソースコード・テーブル

まあ、よく使うものが最初にリストアップされる様になりますし、リストアップする時のマッチングキーワードリストも日本語になってて英字入力だと全然出てこないんですよね

2019年4月11日WordPressGutenberg

Posted by ヨウスケ