SRNE ハイブリッドインバーター MPPT voltage range(MPPT電圧範囲)について

SRNEのハイブリッドインバーター「HF2430U60-100 – SRNE」を購入して利用を開始しています。

このハイブリッドインバーターの仕様に「PV operation voltage range(PV動作電圧範囲)」とは別に「MPPT voltage range(MPPT電圧範囲)」というものが設定されており、この24Vシステムタイプの製品の場合「30-85V」が指定されています。
48Vシステムタイプの製品では「120- 430V」となっています。

48Vタイプの場合は「PV動作電圧範囲」「120-450V」と、「MPPT電圧範囲」との差の比率では小さく、そもそもの最大値が高い為、気にする部分ではないように思えます。

24Vシステムタイプの場合は「PV動作電圧範囲」「30-100V」となっており、この「MPPT電圧範囲」に引っかかる事でパネルの直列数を諦める可能性がありそうで、気になるところです。

SRNE ハイブリッドインバーターにMPPT充電を切り替える設定はない

SRNE ハイブリッドインバーターを入手するまで確信が持てませんでしたが、MPPT充電を切り替える設定はありません。

要は「MPPT電圧範囲」の範囲内の電圧時においてはMTTP充電が自動的に行われるということのようです。

PV動作電圧範囲内なら問題ない?

パネルが揃い次第、実際に確認する必要がありますが「MPPT電圧範囲」を超えた場合は、MTTP充電ではなくなるけど充電は機能する、と判断します。

それで正解ならば、例えば私のケースになってしまいますが、開放電圧が24.3Vの100Wソーラーパネル「RENOGY ソーラーパネル 100W」を3枚直列で最大72.9Vとして、MPPT電圧範囲の最大値である85Vに収める事を考慮していましたが、4枚直列の97.2Vとする事も可能になります。

2枚でテスト稼働させているところ、晴れでも雨でも曇りでも、パネル2枚で41V以上になったのを確認した事は今のところありません。

ということは、問題がなければ4枚でも85V以内に収まると予想できますし、仮に開放電圧まで到達しても100V以内に収まるので問題ありません。

3直列でも4直列でも相性は良さそうという理由もあり、「RENOGY ソーラーパネル 100W」を選択しましたが、4直列できるのなら、ちょいちょい見聞きする情報だと発電効果も高くなりそうですし、今後の増強も楽になりそうです。

将来的には48Vシステムへの拡張を考えていますが、開放電圧24.3Vのパネルだと最大18直列が可能なのですよね。
18直列だと並列増やすのも悩みそうですので結局は6、7直列くらいにすると思いますが、延長コードも逆流防止ダイオードも大幅に削減できるから最高じゃないかと思っていました。
しかし、最大450Vって改めて見ると電気屋さんに頼むにしても怖いと思い、ちょっと考え直しています。

太陽ニ殺サレタ、くない。

明日、明後日あたりに追加のソーラーパネルが届きますので検証してみて追記しておきたいと思います。