JavaScript | CanvasでrequestAnimationFrameを使った2Dアニメーションサンプル

JavaScript Canvas 2D,JavaScript

CanvasでrequestAnimationFrame()を使って簡単な2Dアニメーションを実装するシンプルなJavaScriptコードサンプルを紹介しています。

Canvasでアニメーションを実装する

JavaScriptのrequestAnimationFrame()メゾットを利用してCanvasアニメーションを実装した要素が横移動するだけのシンプルなサンプルコードになります。

See the Pen JavaScript Canvas change size by yochans (@yochans) on CodePen.

HTMLはidを付与したcanvasタグをひとつ用意しています。

<canvas id="canvas"></canvas>

requestAnimationFrame()メゾットを使ってupdate関数を作成、実行しています。

clearRect()を使ってアップデート時に表示されている描画内容をクリア、新たな位置に描画します。

関数内でrequestAnimationFrame()を呼び出すことでupdate()関数を再実行します。

サンプルでは利用していませんが、ミリ秒単位のアニメーション時間をcallbackで取得可能ですので、経過時間の変数として利用可能です。

Canvasの縦横サイズは指定していませんので、デフォルトサイズの幅300px、高さ150pxとなっています。
Canvasのサイズはwidth、heightで取得、指定、変更する事が可能です。

let canvas = document.querySelector('#canvas');
let context = canvas.getContext('2d');

let x = -50;
function update(callback) {
	// 現在の描画をクリアする
	context.clearRect(0, 0, canvas.width, canvas.height);

	// x(位置)の増加、キャンバスサイズを超えたら戻す
	if (x <= canvas.width) {
		x = x + 5;
	} else {
		x = -50;
	}

	// 描画
	context.beginPath();
	context.fillStyle = 'dodgerblue';
	context.fillRect(x, 50, 50, 50);


	// updateを繰り返す
	window.requestAnimationFrame(update);
}

// updateの実行
window.requestAnimationFrame(update);

Canvasでアニメーションのアロー関数バージョンです。

let canvas = document.querySelector('#canvas');
let context = canvas.getContext('2d');

let x = -50;

const update = callback => {
	// 現在の描画をクリアする
	context.clearRect(0, 0, canvas.width, canvas.height);

	// x(位置)の増加、キャンバスサイズを超えたら戻す
	if (x <= canvas.width) {
		x = x + 5;
	} else {
		x = -50;
	}

	// 描画
	context.beginPath();
	context.fillStyle = 'dodgerblue';
	context.fillRect(x, 50, 50, 50);

	// updateを繰り返す
	window.requestAnimationFrame(update);
};

// updateの実行
window.requestAnimationFrame(update);

アニメーションの停止

cancelAnimationFrame()を使う事で、requestAnimationFrame()で実行されているアニメーションを関数毎に停止する事が可能です。
サンプルではupdate()を停止します。

cancelAnimationFrame()はアニメーション関数内、関数外どちらからも利用できます。

window.cancelAnimationFrame(update);