Windows10 | システムファームウェア、BIOSモードの確認方法

Windows10 確認方法,Windows10

Windows10

Windows10で利用可能なシステムファームウェアを確認する方法を紹介しています。

BIOSモード、BIOSバージョン、UEFIの設定状態を確認します。

先日、発表されたWindows11のシステム要件にて、システムファームウェアの必要要件に「UEFI、セキュア ブート対応」とあります。

UTFIはファームウェア、オペレーティングシステム間での通信仕様を定めた標準規格、従来のBIOSにかわるもの。
セキュアブートは、BIOSに実装される特殊なハードウェアを必要としないサーバーセキュリティ機能。

システムファームウェアの確認方法

システムファームウェアは「システム情報」アプリから確認する事が可能となっています。

「システム情報」へはWindows検索で「システム」または「msinfo32」と検索すると簡単にアクセスする事が可能となっています。

設定が従来のBIOSになっている場合はBIOSモードの値が「レガシ」、UEFIの場合はBIOSモードの値は「UEFI」と表示されます。

BIOSモードを確認する

UEFIに対応していてもBIOS起動となっている場合があり、その場合は設定の変更が可能。

また、以下のファイルを開いて、ログから「Callback_BootEnvironmentDetect」と検索すれば対応可能なBIOSモードが確認できます。

C:\Windows\Panther\setupact.log