Windows10 ローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える手順

Windows10 操作・設定, Windows10

ローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える方法

いくつかのWindowsアプリを利用するのにWindowsで利用している管理者アカウントをローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える必要があります。

このページではWindowsデバイスの管理者アカウントをMicrosoftアカウントに切り替えるのに必要なものと、その方法を紹介しています。

Microsoftアカウントに切り替えるのに必要なもの

  • Microsoftアカウント
  • Microsoftアカウントのパスワード
  • Windowsのサインイン認証

Microsoftアカウントを持っていない場合はWindowsの設定リンクまたは直接MicrosoftのWEBサイトにアクセスして作成します。

日本マイクロソフト – Official Home Page

Windowsへのサインイン認証はWindowsのパスワード、Windows Helloで設定した認証(PINコードなど)やセキュリティキー情報になります。
これらはWindowsを起動時に必要となるサインイン方法と同じです。

またWindowsにてパスワードなどのサインイン認証を設定していない場合も必要な項目ですので作成する必要があります。

Microsoftアカウントに切り替える方法

Windows設定から「アカウント」ー「ユーザーの情報」項目にてユーザーの情報のアイコンの下にローカルアカウントと表示されている場合は、「Microsoftアカウントに切り替える」をクリックします。

ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントに切り替える
ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントに切り替える

既にMicrosoftアカウントが設定されている場合は、ユーザーの情報のアイコンの下にユーザー名、メールアドレス、管理者と表示されています。

Microsoftアカウントへの切り替え後の表示
Microsoftアカウントへの切り替え後の表示

MicrosoftアカウントのメールアドレスやSkypeIDの入力

Microsoftアカウントへの切り替え手順1、メールアドレスの入力
メールアドレスの入力

MicrosoftアカウントのメールアドレスやSkypeIDのパスワードの入力

Microsoftアカウントへの切り替え手順2、アカウントパスワードの入力
アカウントパスワードの入力

Windowsに設定しているパスワードの入力

Microsoftアカウントへの切り替え手順3、Windowsパスワードの入力
Windowsパスワードの入力

Windowsにてサインイン認証(PINコードなど)

Windows認証にて本人確認

ここまで進めるとWindowsの管理ユーザーアカウントがMicrosoftアカウントに切り替わります。

必要であればデバイス間で同期するための本人確認も実行します。

Microsoftアカウントへの切り替え手順6、同期用の再確認
同期用の再確認

一般的には登録している携帯電話に認証番号が記載されたショートメールが送られますので