Windows11 | バッチファイルをタスクバーにピン留めする方法

2022-10-26Windows11 タスクバー,Windows11

Windows11PCでバッチファイルをタスクバーにピン留めする方法を紹介しています。

確認環境
  • HP ノートパソコン HP 17s
  • OS Windows11 21H2

バッチファイルをタスクバーにピン留めする

バッチファイルをタスクバーにピン留めする方法は基本的にはWindows10と変わりませんが、作成したショートカットのコンテキストメニューにて「タスクバーにピン留めする」のコマンドが「その他のオプションを表示」内にしかないので最初は戸惑うかもしれません。

タスクバーにピン留めしたいバッチファイルを用意したらコンテキストメニューから「ショートカットの作成」を実行して作成します。

バッチファイルのショートカットを作成する
バッチファイルのショートカットを作成する

アプリではないファイルのショートカットは、そのままではタスクバーにピン留めが実行できません。

作成したショートカットのプロパティを開いて「ショートカット」タブにある「リンク先(T)」の先頭に以下のパスを追加します。

cmd.exe /c

これでリンク先のファイルはコマンドプロンプトの実行ファイルとなり、タスクバーにピン留めする事が可能となります。

Windows11では右クリックメニュー(コンテキストメニュー)から「その他のオプションを表示」を開いた場所にしか「タスクバーにピン留めする」が表示されません。
「スタートにピン留めする」はデフォルトのコンテキストメニューに追加されます。

タスクバーにピン留めするが選択できるようになる
タスクバーにピン留めするが選択できるようになる

この操作により、タスクバーにバッチファイルをピン留めする作業が完了します。

タスクバーにバッチファイルをピン留め
タスクバーにバッチファイルをピン留め

タスクバーにピン留めしたバッチファイル(のショートカット)にファイルやフォルダをドロップして実行する、といった事はできませんので注意が必要です。